デイライト・・・続き

最近バタバタしていたので、更新サボってました。(^^;)
 
今回は、先日製作し取り付けしたデイライトについて
 
イメージ 1
即席で作ったので結構作りが雑です・・・・(遠くから見ればイイ感じです。)
 
取り付け車両は「ダイハツ ムーブ」です。
 
元々、社外デイライトが付いていた所に差し替えで取り付けですが、ステーにタイラップで簡易取付です。
デイライトのケースに使用している素材が非常に軽量なので、これだけでしっかりと固定出来ます。
イメージ 2
 
そして、点灯です。
 
イメージ 3
使用しているLEDは照射角15°のLEDですが、ギラギラリフレクターとの組み合わせにより、直進方向はもちろん横方向への視認性も全く問題ありません。
 
少し離れた所から撮影
イメージ 4
 
思ってたよりイイ感じに仕上がりました。(^^)
イメージ 5
 
 
 
 


posted by *いんすぱ工房* at 01:15Comment(0)LED

デイライト

本日は空き時間でデイライトを製作しました。
 
丁度、先日「ギラギラリフレクター」を発売したばかりなので、それに日亜の「NSDW570GS-K1 b4p11ランク」を組み合わせての製作です。
 
 
まずはコンパスを使用して丸基板を作成します。
イメージ 1
 
次に超ギラギラシートを貼って・・・・
イメージ 3
 
後日、青色デイライトも製作するので4枚作りました。
 
そしてリフレクターの配置はこの様に
イメージ 4
とても綺麗です。(^^)ノ
 
今回、デイライトという事で日中は常時点けっぱなしになるので、長時間点灯時は結構発熱するかな~と
LED自体はアンダードライブですが、放熱性アップを考えLED基板と抵抗基板を2層構造にしました。
 
これを
イメージ 8
 
合体!!
イメージ 5
でもって完成です。
 
 
早速、試験点灯
イメージ 6
(××;)直視厳禁です!!
 
何だか分からないので
 
露出を絞って撮影です。
イメージ 7
リフレクターに綺麗に反射しているのが分かると思います。(^^)
 
ただ、これでも眩しすぎるかと思うので「調光ユニット」を使用して明るさを調節出来る様にしました。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
←これ、1台で2000mAまでいけるので左右一緒に繋いでも余裕です。
 
 
 
 
 
 
 
因みにとてつもない明るさですが、片側当たりの消費電力はMAX2.5W程度です。
 
・・・・・・恐るべし日亜化学
 
 
後は、枠組みを製作し完成です。
 
 
次回はインスパイア(UC1)のLEDデイライト兼フォグに着手です。
 
ではまた(^^)ノシ
posted by *いんすぱ工房* at 00:08Comment(0)LED

流れるウインカーリレーユニット

当工房で製作したLEDテールに使用可能な流れるウインカーリレー機について
 
購入されるお客様から事前問い合わせの多い、取付方法についてご紹介します。
 
まずはユニット外見から
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
見ての通り、一般的に販売されているリレー機に比べて、配線が非常にシンプルになっています。
(左から、リモコン増設用コネクタ・右テール用コネクタ・左テール用コネクタ・電源)
しかもユニットサイズは非常にコンパクトなので設置場所も選びません。
 
ウインカーリレー機は殆どがマイナスコントロールの為、LED回路の+側に常時電源を別途引く必要がありますが、当方の場合はテールに繋ぐコネクタ1本だけです。
 
通常使用では右テールと左テールにリレー機から出ているコネクタを付属の延長配線で接続し、リレー機の電源+・-を接続するだけとなります。
 
また、全てのタイプのリレー機の配線が共通となっているので、リレー機の買い換えや新しいLEDテールに変更の際も、コネクタの繋ぎ替えのみで移行出来ます。
 
尚、当工房で製作している流れるウインカー対応LEDテールは、全てバイパス回路を標準搭載していますので、万が一リレー機が故障した際も、リレー機を取り外しバイパス回路用のコネクタを繋ぐだけで通常のLEDテールとして使用できますので安心です。
 
お次は、後付け可能な流れるウインカーリレー機(各タイプ対応)のリモコンキットです。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左が送信機、右が受信機になります。
 
取り付けもコネクタ1本のみで終了です。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リモコンの電波到達距離は見通しの良い場所で50m程度となりますので、車内からはもちろん離れた場所からでも操作可能です。
 
遠隔操作が可能な機能は流れるパターンの切り替え、オートモードへの移行・復帰となります。
※オートモード付リレー機のみ
 
流れる速度の調節については本体のダイヤルを回す事によって、「無段階」に調節可能ですので、お気に入りのパターンに合わせ流れる速度を微調整可能です。 (FWRU-02ATDのみ)
 
リレー機の詳細については当工房HP「http://www.inspa-koubou.com/LED_Work_Room.html」をご覧下さい。
 
posted by *いんすぱ工房* at 17:27Comment(0)LED