ホンダ レジェンド KA9前期 フルLEDテール製作 その1

今回はホンダ レジェンド KA9前期のフルLEDテール製作です。
 
実はこのテール2年程前にLED加工をするため購入したのですが、他の加工が忙しく今日まで眠っていたものです。
 
昨日から短期間ですが、加工作業に空きが出ましたのでようやく手をつけはじめました。(^^;)
 
せっかくなので、今回はスペシャル仕様で製作し1台限定でヤフオクにでも出品しようかと思います。
 
まずは、から割をパパッと済ませ、基板の型取りをしました。
 
いきなりですが、バックランプ部のLED基板の完成です。(^-^)
イメージ 1
基板表面には超ギラギラシートのシルバーを貼り付けています。
LEDはOptoSupply社製の「OSW44E56F1A」を使用しました。
このLEDは4.8mm帽子型ながら25lmもの光束を出すモンスターLEDです。
 
これに「ギラギラリフレクター 丸型」を組み合わせます。
イメージ 2
少し敷詰めた感じになってしまったので、せっかくのギラギラシートが隠れちゃいました。(それでも存在感はしっかりとありますww)
 
点灯させてみました。
イメージ 3
かなり絞って撮影していますが、実際は爆光です。
 
イメージ 4
リフレクターの反射効率が良いので斜めからでもこの通り↑↑
しっかりと爆光です。
 
 
 
 
続いては、ウインカーですが、KA9レジェンド前期はサイド部分も広範囲にLEDを組み込めます。
 
いきなりですがLED基板の完成です。
イメージ 5
LED・・・・・一応ありますが、ギラギラシートに埋もれてます。(笑)
 
といっても今回はリフレクターを使用する関係上、LEDは少なめです。
 
クリアリフレクターを組付けました。
イメージ 6
少し大きめのリフレクターなので、↑の様な配置デザインにしました。
 
でもって点灯です。
イメージ 7
バックランプと同じOptoSupply社のセミパワータイプの帽子型LEDを組み合わせていますが、
数が数なので、爆光とは言えません。
まぁ、光っているのは十分わかるので良しとします。(メインウインカーはその分、爆光仕様にします。)
 
イメージ 8
クリアタイプなので、この通りリフレクター自体に光が浸透し、視認性アップに貢献できます。
 
クリアリフレクターについては業界初のリフレクターとして販売し始め、もう直ぐ1年が経ちますが、明るいLEDが増えてきたのに伴い、加工に使用する頻度が徐々に増えてきています。
 
 
 
次回の更新はいつになるか分かりませんが、メインウインカーとスモール&ブレーキについてご紹介できればと思います。
 
 
では、また(^^)ノシ
 
 


posted by *いんすぱ工房* at 00:55LED

オデッセイヘッドライト加工

今回はオデッセイRA6のヘッドライト内LED加工です。
 
以前製作した↓のRA6オデッセイフルLEDテールをご購入頂いたお客さまからのご依頼で製作しました。
イメージ 1
 
お客様からは事前に加工イメージ画像を数点頂きましたので、LEDの配置イメージは直ぐに伝わってきましたが、今回ヘッドライトインナー部分への直接加工という事で、
 
1.ヘッドライトのインナー部分にLEDを綺麗に配置できるか?
2.配線や半田部分をどうやって隠すか?
3.ヘッドライト(HID)点灯時の熱による影響はどうなのか?
 
などの問題点も浮上しました。
 
とりあえず、ヘッドライトを分解しリフレクターを仮配置してみました。
イメージ 2
ハイビーム側(内側)は特に問題ありませんが、ロービーム側は丸い形状で前方に傾斜していますので、ただ配置するとリフレクターの上辺が平行に揃えられず、前後の傾きも揃いません・・・
 
ただ光らせるだけでも、十分綺麗に見えると思いますが、個人的には・・・・・どうも納得が出来ません。(~~;)
リフレクター1つひとつをインナー形状に合わせて、加工すれば綺麗に配置出来ますが、作業時間が非常に掛かってしまうので、普通に工賃を頂けば完全に予算オーバーになってしまいます
 
が・・・・
 
今回、初めての加工内容となりますので、差額分は自分の加工技術向上の授業料と相殺させて頂きました。(^^)
試行錯誤の結果、とりあえずはイイ感じに
イメージ 8
垂直位置も
イメージ 10
水平位置も揃いました。
 
あっ・・・シャッターを押す瞬間に空気の読めないリフレクターが1コ・・・傾いちゃいました(^^;)
 
とりあえず、1つ目の課題はクリアーです。
 
次にLED基板を組付けたリフレクターを、インナーユニットに貼り付けます。
今回、ヘッドライトインナー形状の関係で、真上からリフレクターの裏側が丸見えになってしまいますので、一手間加えて違和感の無い程度に仕上げました。
イメージ 11
 
これで2つ目の課題もクリア
 
とりあえず、レンズを組付けテスト点灯しました。
イメージ 6
 
イメージ 7
 
なかなかイイ感じです。
ロービームとハイビームの境目のスペースが気になりますが、こればかりは仕方ないですね。
 
 
今回、当工房で販売中の減光ユニット(IKGU-003)を組み合わせて使用し、通常はACC電源オンでMAX点灯、ヘッドライト点灯時は指定した照度で減光点灯します。
 
また、日亜製LEDを採用しMAX点灯時も定格電流に余裕を持たせていますので、日中の長時間点灯時でも問題ないと思います。(ヘッドライト点灯時は更に照度を下げて点灯しますので、安心です。)
 
 
今回、初の加工内容だったので、個人的にはまだまだ満足出来る仕上がりとは言えませんので、この施工方法についてはもう少し研究が必要です。
 
 
 
 
 
後日、お客様より画像を頂きました。
イメージ 4 イメージ 3
 
イメージ 5 イメージ 9
MAX点灯時の照度が明るすぎたとの事で別途調光機を取り付けて、日中に点灯する際の照度も下げたそうです。
 
これで、更なるLEDの長寿命化が期待出来ますね(^^)
 
S様 この度はありがとうございました。
 
 
posted by *いんすぱ工房* at 01:29LED

LEDフォグランプ ~完~

先日完成したLEDフォグランプを実車に取り付け点灯してみました。
 
今回取り付けたのは10Wタイプです。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10Wタイプには照度切替ユニットが付属しています。
一見、配線が多い様に見えますが、実際に車両側に繋ぐ線は+・-の2本のみで、純正フォグ配線等に接続します。
 
いきなり取り付け完了画像です。
取り付けに夢中で撮影し忘れました(汗)
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
商品には角度調整用のステーが付属していますが、あくまで汎用品なので車両への取り付けには、ホームセンターなどで手に入るステーを組み合わせて丁度良い位置に固定します。
今回は外側にデイライトが付くので内側に取り付けました。
 
そして、点灯です。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さすがにHID程の明るさはありませんが、片側850lmですのでファッション性的には合格点じゃないでしょうか?
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
若干下向きに取り付けましたが、思っていた以上に遠くまで届きます。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上方への光はカットしていますので、LEDを正面に配置した物と違い正面から見ても眩しくありません。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に屋外で撮影です。
 
こちらの商品は現在ヤフオクにて出品中です。
色味については、LEDの仕入時に色温度の指定が出来ないため、製作時期により販売可能な色温度が限られますので、色温度指定で購入希望の方は事前に質問欄より在庫状況についてお問い合わせ下さい。
 
 
 
posted by *いんすぱ工房* at 03:29LED