ようやく完成

またまた久しぶりの更新です。
 
先日、注文をお受けしていたテールがようやく完成し、とある運送業者様の方へ取り付けに行ってきました。
 
取り付け車両はこちら
イメージ 1
三菱ふそう スーパーグレード ウィングボデー車です。
 
納車してまだそれほど時間が経っていないとの事でピカピカのほぼ新車
荷台がボックス型なので迫力満点です。
 
この手の車両の純正テールユニットはバリエーションが少なくほとんど同じテールユニットを使用しています。
今回制作したのはよく見る↓のタイプになります。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このタイプのテールランプユニットと交換可能な社外LEDテールランプユニットもありますが、同車の様にテール周りギリギリまで枠が付いている場合は、サイズの関係で使用できる社外テールが限られてしまうため、今回ワンオフでのご依頼を頂きました。
 
加工内容について、ウインカー部分はハイスペックLED+ギラギラリフレクター、ブレーキ部分は日亜LED+ギラギラリフレクターで制作する事になりましたが、だたLED化させただけでは面白味がないという事で、ラインスモール仕様で制作する事になりました。
但し、この場合純正レンズだと光が無駄に拡散してしまうので、表面パネル自体もご依頼者のオリジナルでゼロからの制作になります。
 
今回は24V車での制作のため、安定動作をさせるための制御回路や保護回路も入れています。
 
↓が完成テールの取り付け画像です。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、今回ラインスモールを制作するに当たり、スモールだけではなくブレーキ時もライン点灯する様に制作してみました。(耐久性の試験も兼ねていますので、一応ご依頼者にお許しを頂きました。)
 
従来のラインスモールはそのまま点灯させるとスモールとしては明るすぎるため、照度を落として制作していましたが、ブレーキとして使用するには照度が少し足りませんでした。(現在販売中のトヨタ アイシス用のラインスモールテールは純正スモール部分に合わせて照度を下げています。)
今回、新LEDの採用や若干の構造変更により、ムラの無さは維持しつつ明るく点灯させる事が可能になりました。
 
イメージ 6
 
↓が日中の点灯動画です。
点灯しているのは分かりますが、直射日光下での実用的な明るさかどうかと考えると正直厳しいですね(^^;)
 
回路自体はかなりディレーティングを取って制作しており、限界照度にはまだ余裕がありますので、もう少し明るいものも今後制作してみたいと思います。
 
尚、ブレーキ部分については、メインのLED点灯部分があるので、トータルの明るさについては問題なしです。
イメージ 2
 
スモール時は4本のラインがシャープに点灯し、ブレーキ及びウインカー点灯時は八角形に点灯します。
 
ラインスモールについては、動画や画像ではうまくお伝え出来ませんが、目視だと非常に鮮明に発光して見え、特に夜間走行時はインパクト抜群です。
こちらのトラックは全国を走り回っていますので、見かけた方は是非実物をご覧下さい。
 
 
最後にご依頼頂いたK様、この度は誠にありがとうございました。


posted by *いんすぱ工房* at 23:28LED