LEDフォグランプ 続き・・・

前回、製作していた汎用LEDフォグランプが完成しました。
 
と、その前に・・・
 
たまたま市販品のLEDフォグランプが手に入りましたので、点灯比較してみました。
 
まずは外見
イメージ 1
左が市販品(5Wタイプ)で右が当工房の加工品(5Wタイプ)
 
やはり市販品はカッコいいです(^^)
LEDの冷却と言えばこのアルミフィンですね。
 
消費電力を測定してみました。
エンジン始動時を想定し13.8Vで計測した所、市販品750mA(10W!?)、当工房製作品500mA(6.9W)でした。
因みに私が使用したLEDの最大定格は600mAなので、若干余裕を持たせています。
 
点灯比較です。
イメージ 2イメージ 3 
 
左が市販品(色温度不明)・右が当工房製作品(色温度5500k前後)です。
市販品は光が集光されるようにLEDを配置している様ですので、非常に明るいです。
当工房製作品は従来のプロジェクター配光に近くなる様にLEDを配置していますので、光が拡散され幅広く配光されますが、部分的な照度が少し下がります。
また、上方向の光をカットするようになっていますので、対向車への配慮も万全です(笑)
 
あと、私のブログをいつも見て下さっている方で気づいた方もいるかもしれませんが、前回のブログに掲載した配光画像に比べてムラがなくなっています。(より綺麗に均一に配光させる事が出来ました。)
 
 
次に、放熱具合を確認するために2つを点灯させたまま5時間ほど放置したあと、どんな感じかな?とヒートシンクに触れてみました。
まず、当工房製作品のLED取り付け部裏面の温度を測定してみた所、65℃位でした。
少し熱いですが触れる程度です。
実際は走行時に風を受けると思うのでもう少し下がるのではないかと思います。
 
次に市販品ですが、触ってビックリ!!
ハイ・・・火傷してしまいました。
 
それもそのはず90℃近くまで上がっていました。
 
こんなに大きいヒートシンクが付いているのに・・・と思いましたが、よくよく見ると側面のギザギザ部分が金属では無かったです。(^^;)
LEDの配置換えをして新タイプのLEDフォグとして使えるかと思いましたが、さすがにこの温度では当方が使用しているLEDの場合、極端に寿命が短くなってしまいますので、今回はあきらめる事にしました。
 
因みに、現在製作中のLEDフォグは近日中に、ヤフオクにて出品予定です。
 
次回は、実際に車両に取り付けた状態での画像をupします。