低発熱のシーケンシャルリレー機

当工房ではこれまで様々なタイプのオリジナルシーケンシャルリレー機を製造・販売していましたが、この度 自作LEDウインカー制作に使用される機会が多くなってきたパワーLEDにも対応した、「シーケンシャル点灯ユニット[IKMBR-18AP]」を発売しました。
 
従来のシーケンシャルリレー機との大きな違いは以下になります。
・大容量対応(1ブロック1A)
・超低発熱
 
従来の「シーケンシャル点灯ユニット[IKMBR-18A]」の制御素子には、他社で販売されている一般的なリレー機で使用されているものと同じ「トランジスタアレイ」を採用しています。
上記制御素子は回路の簡素化が可能な一方、許容電流が低く発熱量が大きい為、大電流への対応は難しいものとなります。

このトランジスタアレイの1ポートあたりの最大許容電流は500mAとなりますが、ウインカーなどの点滅制御で且つ8ブロック全てを動作させる場合は1ブロックあたり110mA(85℃時)~220mA(25℃時)程度までとなっています。

これはあくまでデータシート上の数値となり、余裕を持たせた設定となりますので、上記電流以上で使用したからと言ってすぐに壊れると言う事はありませんが、電子部品は発熱が大きくなるほど破損リスクが高くなりますので、低発熱な状態で使用するに越したことはありません。
 
当工房で現状販売しているシーケンシャル点灯ユニット[IKMBR-18A]ついては、8ブロック全てを使用する場合は1ブロックあたり250mA以下での使用を推奨しておりますが、データシート上のデータからすると若干オーバー気味になります。
但し、この数値については、開発段階で試作機にて負荷テストを行い、実際のデータより問題なく使用できると判断し決定した値になっております。
 
因みに、以下はシーケンシャル点灯ユニット[IKMBR-18A]において、8ブロック動作&各ブロック250mAの電流を流した状態で2時間連続動作させた後の温度測定画像になります。(画像中央下がリレー機本体の温度になります。※室温20℃)
イメージ 1 

今回発売の新商品「シーケンシャル点灯ユニット [IKMBR-18AP」については、これまで個人のお客様やLED加工ショップ様からのご依頼で個別に制作させて頂いていたものを通常商品として制作したものになります。

ウインカーのLED化は視認性の問題からパワーLEDを使用する機会が増えており、LED回路の内容によっては従来のリレー機では許容電流ギリギリになる事が多く、発熱の問題でリレー機が早期に故障してしまうケースが多い様で「発熱の少ないリレー気は作れませんか?」といったお客様からのご意見から低発熱動作を最優先事項として設計・開発しました。
 
以下は、「シーケンシャル点灯ユニット [IKMBR-18AP」を、8ブロック動作で各ブロック1Aの電流を流し、2時間連続動作させた後の温度測定画像です。(画像中央下がリレー機本体の温度になります。※室温26℃)
イメージ 2 
 従来リレー機とは測定時期が異なり開始時の室温が異なりますが、大電流にて長時間動作させても殆ど温度上昇がない事が確認出来るかと思います。
 
実際は2A程度でも問題なく使用できますが、リレー機の配線や付属配線などの線型が太くなり取り回しに問題が出る可能性もありますので、1ブロック1Aの設定にしました。
 
従来のリレー機と異なり、部品点数が大幅に増え制作時間も2倍以上掛かってしまうため、販売価格も上がってしまいますがその点はご了承頂ければと思います。
※LED加工ショップ様などで10個以上まとめてご注文の場合は、別途業販価格も設定しておりますので、複数ご希望の場合はショップよりお問い合わせ頂ければと思います。

尚、2ブロックから最大16ブロックまで対応した「シーケンシャル点灯ユニット [IKMBR-116A]」の大容量対応タイプも、現在開発中となり後日発売予定になっております。

因みに、当工房では以前より大容量対応型低発熱タイプのリレー機「流れるウインカーリレーユニット [IKMBR-502WP]」も販売しております。

こちらは、保安基準でシーケンシャル点灯が認可される前から販売している商品となりますが、ユニット1台で左右(前後左右も可)の制御が可能で純正ウインカースピード同期が可能なため保安基準の動作に準拠しております。(一部モードを除く)
また、ウインカーポジション機能や複数の点灯パターン動作が可能なプログラム点灯モードも搭載している他、本体には動作確認用のインジケーターも搭載しているため、リレー機本体を車内に設置する事でウインカーの動作状態も確認可能です。
こちらは様々な機能を搭載したフルスペックタイプのリレー機で、当工房ではロングセラー商品になっていますのでオススメです。